So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

KVK KM336 故障の原因と修理部品 [KM336 故障の原因と修理部品]

KVK KM336 修理部品の取扱説明16.jpg

 

■ KVK KM336 故障の状況

この記事では、KVK KM336 の故障や不具合の原因と

交換するための修理部品について、説明します。

修理部品の耐用年数は、概ね、10年間ほどです。

 

① レバーハンドルの破損

上下左右に動かし、水とお湯のバランスを調整したり

水の出る量を、調整したりします。

この部品を、レバーハンドルといいます。

 

この部品が壊れて使用できない場合は、新しい部品と

交換する必要があります。

 

⇒ KM336 レバーハンドルの詳細 説明

 

② 水漏れ、止水不良  レバー操作が硬い

一般住宅でも、10年間で10万回以上の

上げ下げの動作が、繰り返されているといわれる

シングルレバー混合水栓。

 

心臓部分である、カートリッジ

動いているわけですが、10年くらいすると

経年劣化で、水漏れを起こすことがあります。

 

さらに、数万回の上げ下げを繰り返すと

動きの滑らかさが失われ、動きが硬くなることがあります。

 

そのような故障には、カートリッジの交換が

必要となります。

 

⇒ KM336 カートリッジの詳細 説明

 

③ 本体継ぎ目からの水漏れ

KM336 には、吐水口(水が流れるパイプ部分)が

左右に稼動するため、この部分に上下2本の継ぎ目ができます。

 

内部部品のパッキンが劣化すると、この継ぎ目から

水漏れを起こすことがありますので、交換が必要です。

 

⇒ KM336 Xパッキンセットの詳細 説明

 

④ 吐水口が、折れてしまったり、穴が開いたりした

水が流れるパイプ部分の部品のことを、吐水口と呼びます。

 

この吐水口は、破損することは少ないですが、まれに

ピンホールという、ごく小さな穴が開いてしまい

噴水のように水が出てしまう場合があります。

 

あとは、お鍋やフライパンなどの重いものを

上から落としたりすると、折れてしまうこともあります。

両方のケース共に、交換が必要です。

 

⇒ KM336 吐水口の詳細 説明

 

 水がきれいに出ない、網が抜けてしまった

網が腐食したり、水圧を受け続けると

先端の部品から、網が抜けてしまうことがあります。

 

10年来、交換することのない部品ですので

水道水と混ざった不純物が、網をふさいでしまうと

水がきれいに出ずに、荒く出てしまうこともありますので

両方のケースで、交換が必要です。

 

⇒ KM336 吐水口キャップセットの詳細 説明


前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。